(以下slackからの転載、アカウント名は略)

2017/06/16(一般ユーザーKさんより)
ちょっと注意喚起というか、FYIです。


ADA coinの売り上げの多くは泉忠司氏のプロモーションによるところが大きい認識です。

ここ半年間で泉氏が紹介してきた案件がことごとく潰れ、多くの資産を失った人が多数います。
少なくとも彼の大型案件に投資した2700人。被害額も推して知るべし。

今、その方達が集まって集団訴訟しようと動いています。


訴訟案件の中にADAは入れないように説得していますが無理っぽく、もし泉氏詐欺疑惑がニュースになれば、ADAの詐欺疑惑も避けられません。

最悪ADAも返金訴訟が起こるか、日本人の大半がADAを売ることになります。

そのときまでに市場公開できるよう、運営には危機感を持って取り組んで頂きたく存じます。


また既にご尽力頂いていますが、購入者の不安を払拭できるよう、最大限の説明(経緯と展望を高頻度で広範囲に)とウェブサイトなどの情報充実を切に願います。
このslackに居ない人達への対応が心配です。

価値ある通貨であればそのうち上がりますが、予防策を立てておくことで結果的に全体的な手間を減らせるものと思います。




【当ブログ管理人の雑感】
slackでも何件か書き込みがありますが、不特定多数のネットユーザー(主にブロガー)からの扇動であったり、そのブロガーさんが誘導したい商品への誘導にエイダコインをネガティブに書いている可能性があるので、エイダコインを詐欺とは断定できない事を追記いたします。