Cardanoコミュニティー・ニュースレターへ
ようこそ!
このニュースレターは、Cardanoコミュニティチームによって2週間ごとに公開され、皆さんにプロジェクトについてのニュースやアップデート、イベントをお知らせします!
注意:三月中に、このコミュニティニュースレターはバイーウィークリー、火曜日(今日17日及31日)に配信されます。
Cardanoニュースレターの購読を中止したい場合は、この電子メールの下部の「リストから退会する」をクリックしてください。





Cardano財団は国際女性デー2020をサポートしています
平等な世界とは可能である世界のことです。

Cardano財団は、ジェンダーの平等を支援し、多様性の力を信じています。
 
Cardano財団初の女性評議会メンバーであるTamara Haasenは、国際女性デーに際して、多様性が業界にもたらす価値、エンパワーメントの重要性、ジェンダーの平等におけるブロックチェーンの役割を強調しています。



Cardano財団の他の女性もご紹介します。彼女たちは皆Cardanoが可能にする未来の構築に取り組んでいます。

!! いいね!とサブスクライブもお忘れなく !!





Cardano Effectポッドキャスト:Tamara HaasenとCardanoドリームチームを構築する| TCE 78
同日、Tamara はCardano Effectにも出演しています。
Cardano Effectチームとの2回目のエピソードとなる今回、TamaraはIOHKでの彼女自身の目標や仕事、旅について、また、Cardano財団でのブロックチェーンにおけるダイナミックで効果的なリーダーシップチームの構築について語り、さらにコミュニティからの質問にも答えています。








チャールズ・ホスキンソンの最新のCardano最新情報
ビデオ内の最新情報の要旨

チャールズ・ホスキンソンは、先週、3月9日、11日及13日にいくつかの情報を手短にお届けしました。
チャールズはそこで、CardanoのスケーラビリティプロトコルであるOuroboros Hydra、IOHKの5周年記念について語り、さらに、IOHKが達成したことを振り返り将来の目標を展望しました。

最後に、チャールズは、つい最近ロンドンのPwCワークショップから戻ってきたことから、政治にとっても経済にとっても、そして金融市場にとっても厳しい時期の真っ只中おけるCardanoの重要性について時間を取っていくつかの考えと意見を共有しました。







必見:Messari社の「Unqualified Opinions」ポッドキャスト「IOHK CEOのチャールズ・ホスキンソンとCardanoを構築する」
Messariの「Unqualified Opinions」で、チャールズの最近のインタビューをもうご覧になりましたか?
インタビューは「IOHK CEOチャールズ・ホスキンソンとCardanoを構築する」と題して行われました。

上位20の複数の暗号通貨を作成して、共同設立した人々は、実にほんの一握りの人たちです。
チャールズ・ホスキンソンはその中の1人です。この対話で、チャールズは、最終的にCardanoへと至る、暗号通貨とブロックチェーンにおいて彼自身が辿った道筋について詳しく説明しています。

チャールズは、Cardanoを、どのように、R&Dに重点を置いて、「DARPA プロジェクトのように」構築したか、そしてなぜアフリカの開発に重点を置いているのかについても詳しく説明します。
また、いつの日か創業者に依存しなくなるネットワークを構築するための彼の哲学と戦略について明言し、競争の激しい全体状況を彼自身がどう見ているのかも語っています。
他にもまだまだあります!






Shelleyインセンティブ付きテストネットの開発最新情報 - 2020年3月6日及13日 
皆さん、こんにちは。Dimitris です。
Shelleyインセンティブ付きテストネットの進捗状況に関する最新情報を共有するために、また1週間担当することになりました。
毎週のビデオ更新についてのフィードバックをさらに一層寄せていただき、感謝しています。
私たちがどう改善したらいいかについて皆さんの考えがわかるのは、素晴らしいことです。
皆さんが有用だと思ってくださっていることを私たちは喜んでいますし、今後もより有用な情報をお届けできるようにしていきます。

(抜粋転載)
要約
先週のNode、Wallet BE、およびDaedalusのリリースにより、Daedalusユーザーによって特定されたいくつかの最近の問題が緩和され、ADA保有者とステークプールオペレーターの両方にさらなる改善が見込まれます。

最近のDaedalus(2.2.0-ITN1)リリースでは、新機能とは別に、ウォレットの復元と同期の解決に関して改善が見られました。過去数日間、コミュニティからの反応はかなり前向きで、「ウォレットはすでに存在します」など、ウォレットの復元に関連するすべての問題が軽減されました。









EMURGOブログ:「Cardano財務システムの特徴は何ですか?」
ここ数年で、暗号通貨やブロックチェーンをめぐるエコシステムは、総じて発展を遂げており、インターネット初期には考えることができなかったほどに、多様な創造性を発揮しています。
1996年以来、学界からは12,000を超える暗号に関する論文が発表され、特に近年は多数の論文が世に送り出されています。
このように着実に関心が高まっているのは、ブロックチェーン業界や、科学哲学を通じて進化を遂げる初の第3世代ブロックチェーン、Cardanoに対して人々の興味が集まっていることの表れです。
こうした関心は、Cardanoのネイティブなデジタル通貨であるADAやデジタル資産の性質、あるいは従来の銀行や通貨体制との相違点にも向けられています。
現在、Cardanoインセンティブ付きテストネットが進行しており、Cardanoブロックチェーンエコシステムは、成熟期に向けて開発が進められています。







EMURGOのマーケティングチームの一環としてグローバルCardanoを構築するAzuに会おう
「EMURGOチームに会おう」シリーズへようこそ!
このシリーズでは、私たちの才能あふれるチームのメンバーをご紹介します。
メンバーがどんな人で、舞台裏で何をしているのか、詳しく見てみましょう。
以前、私たちはEMURGOのコンサルティングチームからPuruToidaをご紹介しました。
今回は、EMURGOのマーケティングチームからまた別の素晴らしいチームメンバー、Azuをご紹介します。
Azuとは、2019年半ばにEMURGOで会ったことがあると思い出される方もいらっしゃるかもしれません。







新着の「Cardanoアンバサダー物語」:ジャーナル#16、#17、#18はこちら!
「アンバサダー物語」シリーズの新しいエピソードへようこそ!
新しいアンバサダーが私たちの仲間に加わり物語を出してくれ次第、物語を皆さんと共有します。
過去数ヶ月間に私たちは新しいアンバサダーを何人も迎え入れることができましたので、皆さんにお見せできる物語がたくさんあります。

「アンバサダーの物語」では、この素晴らしくも驚くべきコミュニティに参加することになった動機は何ですか、といったお話など、Cardanoコミュニティ アンバサダーたちの多種多様でユニークなお話を楽しむことできます。

Cardanoコミュニティ管理チームは、引き続き尽力してくださっているあらゆる努力と、お話の共有に参加してくださることについて、各アンバサダーに感謝を申し上げます。

これらについては、すべて以下でお読みください!





Cardanoコミュニティー・ミートアップ 
次に予定されているCardanoミトアップのお申込みはここ:



全てのCardanoミートアップグループをここから確認

OR

ミートアップグループを設立したい、興味のある方々は
ここからをご確認ください