非公式エイダコイン情報メモ

非公式エイダコイン情報メモ

2017年9月29日公開された仮想通貨(暗号通貨)のエイダコインに関する非公式で個人的に情報を転載しています。

はじめに」のページをご確認ください。

FacebookユーザーYさんの書き込みを転載します。



宮武さん主催ミートアップにて、CardanoのIOG ×吉野川市Kittamuブロックチェーンスマートシティ 、契約書にサインされました!🎉
BX「ブロックチェーントランスフォーメーション」を進めるようです🔥

👆市職員から6名、顧問として大学教授1名もいます🎉
プールやCatalyst利用も考えている、廃校をどう使いますかのアイデアなども募集中、まだまだ本当に具体的なところはこれからながらも連携しながら進めていく、とのこと🎉

・たくさんの市町村合併があり、合併支援の政策が続いていた。
・夕張市が赤字になってしまっている、というニュースもあったと思うが、全国的に高齢化が進み、若者がへり収入が減りという地域も増えている。人口を増やしていかなければいけない。子育て支援。環境を変えていくことが大事だと思われます。
・徳島県カミヤマというところがニュースに上がっている。人口増やすために学生を集めて、などと新しいことに取り組むことを。
・民間の力で、青年の力で動く。教育事業に力を入れている人もいる。ブロックチェーンと移住やスマートキーなども取り組んでいきたいと思う。

FacebookユーザーYさんの書き込みを転載します。
長文ですので、追記に分割しました。


第1回東半球ミートアップご参加いただいたみなさま大変ありがとうございました、
以下、議事録というよりメモという感じですが、簡単に英語にしてシェアしました!🙇‍♂️



続きを読む

FacebookユーザーYさんの書き込みを転載します。

東半球Cardano Meetupー
日本時間2021年07月29日(木) 21:00🎉 


東半球地域(日本、ベトナム、インドネシア、韓国など)で力を合わせて東半球地域のCatalystの投票者、専門家、提案者を増やすため、インドネシアやベトナムなどのコミュニティなどとも合同のような形でミートアップが行われるようです!
日本語のライブ翻訳と、日本語の小会議室が用意されるので、英語がわからなくても参加できます🔥
※日本の専門家は非常に少ないですが、AmazonレビューのようにCatalystの提案を評価してレーティングする人たちのことを専門家といいます。

当日のスケジュールは2部構成です。
PART1:Globalフェーズ:主催メンバーから趣旨などの説明があります。
これは日本語にライブ翻訳されます。

PART2:各国ベースフェーズ:固定的な議題はありませんが、
例えば、
①何が東半球全体でディスカッションされるべきか、
②どのように東半球全体でディスカッションされるべきか、日本の投票者、専門家、提案者を増やす観点から日本コミュニティの意見を集める。
などを実施するのは良いアイデアに思えます、

参加用のリンクは後ほどアナウンスされます
東半球で力を合わせて、Catalystをさらに成功させていきましょう!

※なぜ東半球なのか?というと時差的な事情のようです。
西半球地域と一緒にやると深夜開催になってしまいます😅

FacebookユーザーのYさんの書き込みを転載します。


興味深い発表あるかも?とのことでぜひ奮ってご参加ください🔥
IOHK宮武さん/Wallinさん主催のオンラインカルダノミートアップです。
今後定期的に開催予定です。

(会場オンライン)

18時~19時 記者発表!?当日のお楽しみ
19時~20時 セミナー
1.初心者の為のCardano入門(仮) 講師:早稲田大学学生 市川一茶さん
2.Catalystとステーキングで起こすデジタル革命!?(仮) YUTAさん(Cardanoアンバサダー)
3.Cardanoブロックチェーンが地方創生に変革をもたらす!(仮) 宮武・Wallin
特別ゲスト:一般社団法人Kittamu代表理事 原田真さん
20時~20時半 質疑応答

zoomでの参加となりますが、スパム攻撃を防ぐためセミナー中は講師のみ発言できます。
挙手やチャットをご活用ください。

FacebookユーザーYさんの書き込みを転載します。

https://www.youtube.com/watch?v=kC2JlXAMNnY


✔︎Whiteのゴール:
① pab×ノード、ウォレットバックエンドは7月末
②エクスプローラ関連統合。

✔︎LightPurpleのゴール :パブリックテストネットとなり、多くのメンバーが参加。

✔︎DarkPurpleのゴール :PABとそれのウォレット統合。pab×ウォレットバックエンドwhiteのその後4-6週間

✔︎最終テストがあり、メインネット(8月ー9月見込みに自信)

※多くのPlutusパートナーが、スワップ、ローン、取引所システム等でテストに成功しているとのこと




お祝いに、私たちはカルダノブロックチェーンで世界初のNFTAを鋳造しました。

カルダノでの構築は、まったく新しいコンテンツとリソースで簡単になりました。
入って、ポータルもあなたのものにしてください!

https://developers.cardano.org/


(原文)
The Cardano Developer Portal is live! 🚀

To celebrate, we minted the world's first NFTA on the Cardano blockchain.
Building on Cardano is now easier with brand new content and resources. 

Get in and make the portal yours too!
#Cardano #CardanoCommunity




facebookユーザーのYさんの書き込みを転載いたします。


チャールズスマートコントラクト進捗🎉次のように進み、月末アップデートでさらに詳細が出てきます…月末アップデートお見逃しなく🔥

https://www.youtube.com/watch?v=yd1eg4QopV8


1)Whiteフェーズ:2−4週間
・7月末:ウォレットバックエンド統合、Plutusバックエンド
・8月9日ごろ:Daedalusテスト統合

2)Purpleフェーズ:2段階に分かれてローンチ予定:取引所も含むテスト

3)Red/Blackフェーズ:最終テスト

4)メインネット
・噂で振り回されるのではなく、事実に目を向けてください:POS価値量、開発コミット数もNo1でありグレースケールも3番目の資産になり、Catalystでも多くの活動があり、9月のGoguenサミットもありHydraやOmegaも進行中でミスリルの論文もあります。
7月14日をターゲットに置いたステーブルコイン研究もあり、今後90日でさらに多くの活動もみられるでしょう。

Daedalus4.1.0-CatalystFUND4投票力登録+ネイティブトークン小数点以下額含めて送金可能に🔥
このアップデートはやや時間がかかるので時間に余裕もって同期ください😊
(ブロック同期が、0から再スタートされます。)

【Adaの還元(プレセールに参加されてまだAdaを受け取ってない方へ)】

還元できるようにする準備を進めていますが、現在還元できないので、還元できると自称する、いかなる団体や電話にも還元情報を絶対に渡さないでください。

還元まだできてない旨をcardano財団等に連絡して、正式に還元できるようになるのをお待ちください🙇‍♂️

facebokユーザーでアンバサダーの方の書き込みを転載いたします。




5月末開発アップデート10のアナウンスと報告、簡単に記事にしました!🔥

スマコンとサミット9月/パートナー紹介/ MarloweRUN/Hydra実験開発中のレポ公開/P2P進む…等々


(1)スマートコントラクト
①実装ロードマップ🔥
Blue6月(最小チーム/機能でテスト:安定性)
◇White7月(7社のパートナー/ウェブブラウザ等によるデモアプリ動ツール統合テスト:機能テスト)
Purple8月(Daedalus、取引所、全SPOも含むテスト:最適化)
Red / ◆Black8-9月(短期間での最終テスト等)

メインネット9月以降
・Shelleyのテストネット・ローンチを経てこれらを円滑に行うノウハウも蓄積されている。

②パートナー企業
MetaLamp:Plutusの知見を活かして他の企業にも提供し利益を得ることができますし、何より新しいことにチャレンジすることがとても楽しみです。
ELEKS:1991年から始まった古い企業で自動化システムにとりくんでおり、ウクライナ電子網などにもそのシステムが使われています。記録やドキュメントが改竄されないことを心配する企業があります。
AltLabs:ファイルコインやETHに取り組んでいました。ネイティブトークンも含め多くに利用されるでしょう。
他、1,600のPlutusパイオニア受講生:時にはその人たちがPlutus改善へ貢献する提案もあり、非常に多くの人々が取り組んでいます。



(2)Marlowe
エンジニアでもなくても、スマートコントラクトを、簡単に読めて書けて理解でき、安全です。
最初はブラウザベースから始まり、経済的アイデンティティのない人でも簡単に利用できます。
MarloweRUN:ユーザー体験を特に高めたもの:直感的にブラウザで操作してスマートコントラクトを簡単に作成でき、その作成されたスマートコントラクトに簡単に直感的に操作して入金などができ、その履歴なども直感的にわかりやすく見やすく表示される。


(3)Catalyst
314開発者132起業家6Dapps160人1800個の評価専門家、合計25,000人の参加、年末には10万人となる可能性もあり、非常に大規模化しています。


(4)ERC20コンバータ/SingularityNET
SingularityNET移行の理由:低料金、高速、信頼性高い(Plutus利用)
操作方法:メタマスクを入れて、Daedalusのウォレットのアドレスをコピペすれば使え、非常に簡単。
6月にテストネット開始


(5)Wolfram
CardanoのNFTについて、アートとの統合を進行中。来月により詳細。
(6)P2P-ネットワーク分散化
IOGが中央集権的な接続先になっているがこれをなくして本当の意味で分散化するために重要。現在P2P機能実装ノードはメインネットにもあり、今後少数のSPOを招待し進めていきます。


(7)Hydra-高速化
1秒あたりの処理数を増やす、ストレージの節約となる、レイヤー2でありブロックチェーン本体を変更しないためセキュリティが高く保たれる、手数料をほぼ0レベルまで下げることもできる、同性特質によってメインチェーンのスマートコントラクトをHydraでそのまま動かすことができる(他のブロックチェーンではメインチェーンのスマートコントラクトを翻訳処理等しないとHydraのようなシステムで動かせないので、安全性が低く手数料も高い)
Hydraはいくつかの部品があり、ヘッドの実装中(論文はすでに提出)、Githubにも実証実験版を公開。
(8)報酬メカニズム
分配はkや誓約といったパラメータにより調整されており、将来的にコミュニティによりこれらのパラメータも調整されるようになります


(10)Cardanoサミットが9月実施!!

このページのトップヘ