facebookユーザーの方がリンクシェアされている記事が、とても大切な内容かな感じ、転載させて頂こうと思いました。

Cardano [ADA] 1.2 released and will take effect in a few hours(USAVIBE)

本文は英語ですので、Google翻訳を利用しています。




Cardano [ADA] 1.2がリリースされ、数時間後に有効になります


今日、チャールズ・ホスキンソン氏はTwitter経由でCardano 1.2のリリースを発表しました。
彼の最近のビデオでは、Cardano 1.2、CL TestNet、ステーク・プール、および代表団のアップグレードとプロセスについて語った。

Cardano [ADA]の最高経営責任者(CEO)は、彼のツイートにスクリーンショットを添付して、アップグレードのリリース時間の情報を共有しました。
MainNetへのCardano 1.2 / 0.10.0のリリース更新提案は、火曜日の午前20時頃に受け入れられました。
アップデートはUTCの午後12:20頃に行われます。
また、WebサイトのJSONメタデータも更新されているため、ユーザーは最新バージョンをダウンロードしてインストールすることができます。


カルダノのコミュニティはアップグレードを心待ちにしていました、Cardano 1.2。カルダノは、ブロックチェインの技術で動作する暗号化および分散プラットフォームです。
独自のブロックチェーン技術であるCardano Settlement Layer [CSL]を計算して処理します。

アップグレードにはかなりの変更が加えられており、その変更履歴も共有されています。
含まれているコアコードの変更は次のとおりです。

 ウォレットV0 APIのベンチマーキングツールの開発と実行
 Wallet Backend [CBR-16]のmempoolの最適化された方法
 Bittrex [CBR-135]によるバランスの不一致の経験を調査し、解決した
 ウォレットの非同期復元[CBR-90]
 ウォレットV1 API [CBR-20]の機能のソートと除外
 新しいV1 APIエンドポイントの実装[CBR-16]
 取引所は、V1 API [CBR-103]にエンドポイントを追加する必要があります。


彼らはシステムのバグも修正しました。
また、ウォレットの作成とバックアップ[R120-4]と、バージョン更新後の「ネットワークに接続」画面に固執していたDaedalusの問題を修正しました[CBR-282、R120-17]。



(以下、ツイッターのやり取りが数点)




転載は以上です。