親愛なる読者様へ、

カルダノにとっては忙しい数週間になりました。
最近では、
Bittrexのローンチ後、カルダノのスタッフとサポーターは10月14日に東京でローンチイベントのために集まりました。
ライブ配信によって世界中から何千もの人にご視聴いただいて、イベントは大成功のうちに終了しました。
今回のニュースレターでは、共有するいくつかのイベントのビデオ映像とこの数週間に渡って何を期待すべきかに関して触れます。



東京ローンチイベント


10月14日土曜日に東京で公式なカルダノローンチイベントをカルダノ財団、IOHKとエマーゴが首尾共催しました。
イベントの意味合いとしては、一般の方々に向けてカルダノのローンチをお祝いし、プロジェクト自体がどういったものかの紹介と創業からカルダノを支えてくださったコミュニティーの方々へ感謝を伝えるために行いました。
500人以上の参加とその他にカルダノコミュニティーのフェイスブックグループから何千人もの方々のご視聴によってイベントは大成功となりました。
カルダノコミュニティーも今はもう日本だけではなく、UK、カナダ、アメリカ、オーストラリアやスペインなどからプロジェクトに関与しているサポーターが参加し人数も増えました。

イベントの高品質の動画は今月末に公開予定です。それまでの間こちらの要約ビデオを見る事ができます。




もしくはジェーン・ワイルド(IOHKのコミュニケーション部門ディレクタ)によって書かれたブログをお読みいただけます。

ブログを読むには



ダイダロスに関して最適な技術サポートを受ける方法


もしダイダロスウォレット上で技術的な問題があった時、ダイダロスチームにお問い合わせする事をお勧めします。
お問い合わせはダイダロスウェブサイトの「よくある質問(FAQ)」セクションで行う事が出来ます。
そこでは問い合わせの多い問題を見る事やメールサポートを受ける事が出来ます。
サポートへの問い合わせはとても重要であって、
ユーザー体験と技術を向上させるためにもダイダロスチームが将来的なアップデートを計画するきっかけとなります。
なので、
サポートチケットを送信される際に出来るだけのフィードバックの提供をお願いします。

ダイダロスサポート




カルダノの今後の期待は?


カルダノにとって次の大きな発表は今月末を予定しています。
IOHKによるカルダノロードマップの公表です。これによってカルダノの将来的な開発のためのブループリント(青写真)とタイムラインを表します。
ロードマップはカルダノ内にどのような技術や特性を統合されているかの詳細と、いつこれが行われるかを表します。
世界中の大学と都市で行われている開発と研究チームの努力の成果を結びつけるのがプロジェクトのドキュメントの鍵となります。
リリース時にロードマップに関しての質問などをお答えするためにもコミュニティーイベントを行う調整をします。

ロードマップ公開のカウントダウンをこちらで確認する事が出来ます。

ロードマップカウントダウン