CardanoFoundationの公式LINEに先日投稿された内容を転載いたします。



皆様、こんにちは。Cardano財団からのお知らせです。
2019年のCardano財団をリビューしました。
どうぞご確認ください!

Cardano財団、2019年を振り返る。このメガスレッドは次の面々をフィーチャリング
– Nathan Kaiser、会長
– Tamara Haasen、評議員
– Manmeet Singh、副会長
– Bakyt_AA、コミュニケーションズ、広報、マーケティングディレクター
– Hinrich Pfeifer、書記長

焦点。
「2019年は Cardano財団の軌道を修正し、強固でサステナブルな枠組みの中で運営を進められるよう力を尽くしました。財団内の法務、税制、提携関係、総務全般に渡り、100を超える管理対策を取り入れ、100を超える決断を下してきました」ー Nathan Kaiser, 会長

戦略的パートナシップ。
「2019年、Cardano財団は サプライチェーン、物流、IoT(モノのインターネット)から 認証管理 まで、実生活に即したユースケースの検証、開発に向けてKonfidioと提携しました」– Nathan Kaiser会長

全体像。
「ブロックチェーンが適用されるには、既存の業界リーダーたちに受け入れてもらうことに加えて、必要な行政支援、教育の充実、認知度の拡大、主要関係者間の協力が必要となります」 – Tamara Haasen評議員 

使命。
「ブロックチェーン を使ったソリューションの需要は年々増加し、これからも引き続き拡大していきます。多岐にわたるステークホルダーのために、Cardano が最も貢献できる分野・部門に鋭く焦点をあてるよう、活動をはじめました」– Manmeet Singh副会長


洞察。
欧米Deloitteの2019年グローバルブロックチェーン 調査:
ー エグゼクティブ管理職回答者の53%が #ブロックチェーンテクノロジー は最優先レベルの事項になったと確信。
ー 83%は説得力のあるブロックチェーン使用事例を目にしているが、そのうちブロックチェーンの導入に踏み切ったのは23%のみ。

11259209050769





戦略。
「認知度の拡大、コミュニティへのアウトリーチ活動、教育、法律の整備は、ブロックチェーン採用の促進および将来に向けた需要を満たすことと同じくらい重要です」 – Bakyt Azimkanovコミュニケーションズ、広報、マーケティングディレクター


サステナブルな未来。
「私たちは組織内において、将来に向けて堅固でサステナブル、かつ法に準拠した運営基盤を確保するために、適切なプロセス、構造、そして適切なリスクの枠組みを整備するために多くの課題に取り組んでいます」– Hinrich Pfeifer書記長

2019年Cardano 財団ハイライトのなかでお好みはどれでしたか?
こちらからフォーラムの「2019年を振り返る」スレッドをご一読のうえ、あなたのお気に入りの出来事をぜひ投稿してください!

フォーラムへどうぞ: