非公式エイダコイン情報メモ

非公式エイダコイン情報メモ

2017年9月29日公開された仮想通貨(暗号通貨)のエイダコインに関する非公式で個人的に情報を転載しています。

はじめに」のページをご確認ください。

Facebook、公式フォーラムにて、次のような注意喚起がなされています。
あなたのエイダコインと資産は、常に狙われているのです。どうぞ下記の内容に即して自衛を心がけていただけたらと存じます。

ぜひ公式サイトや公式からのLINEなど信頼できる情報だけに注視してください。

以下、転載です。



(facebook、アンバサダーYUTA様より)

Cardano 財団から重要な注意喚起です
言及されたBTCNEXT社に限らず
①ステーキングにあたってADAを送金を依頼
②cardano中心メンバーと親しいことを暗示して送金を推奨
するプロジェクトは猜疑心MAXでお願いします。BTCNEXT社以外にも同様特徴あるプロジェクトがいくつかあります🤔
https://forum.cardano.org/t/cardano/35609



(Ccardanoフォーラムより)
日本における不審な活動に対するCardano財団の見解
最近、カリブ海セントビンセント及びグレナディーン諸島に登記されるBTCNEXT社の社員であると、もしくは同社に委託されていると主張する人物の活動に関する報告を受けました。
BTCNEXT社員であると、もしくは同社に委託されていると主張するその人物は、Cardanoの中心メンバーと個人的に知り合いであることを理由としてこれへの投資が「安全」であると主張しています。

Cardano財団およびそのエコシステムパートナーのいずれもBTCNEXTとの関連は一切なく、いずれの提携関係もありません。

それ以外のいかなる主張も虚偽であり、現実に即したものではありません。
疑わしい主張には注意し、徹底的なデューデリジェンスを実施してください。

したがって、
⚠️CardanoやCardanoエコシステム内の事業体関係者と提携していると主張する第三者事業体にADAを送付することのないよう強くお願いいたします。⚠️

当方から資金(資産)の送付をお願いすることは絶対にありません。

Cardano財団及びCardanoコミュニティは詐欺行為、不正な情報およびFUDの拡散を、コミュニティへの深刻な違反および背信行為と受け止めます。

疑わしい点がある場合は、Cardanoアンバサダーおよびコミュニティ管理チームの担当者にご相談ください。
また、公式チャネルをフォローして、常に最新の公式情報を入手してください。



Welcome to the Cardano Community Newsletter!
このニュースレターは、Cardanoコミュニティチームによって2週間ごとに公開され、皆さんにプロジェクトについてのニュースやアップデート、イベントをお知らせします!ですが、ニュースレターはしばらくの間
保留となりますのでご了承ください。
今回のニュースレターは、しばらくの間最後の出版となります。
Twitter, LinkedIn, Facebookなどのソーシャルメディアネットワークで最新情報を入手できます。
今後数週間にわたって、重要なお知らせをメールでお送りしますので、しばらくお待ちください。

Cardanoニュースレターの購読を中止したい場合は、この電子メールの下部の「リストから退会する」をクリックしてください。






Cardano Virtual Summit 2020:Shelleyエディションのまとめ
Cardanoバーチャルサミット:Shelleyエディションには、10,000人を超える参加者が集まりました。決して小さな達成ではありません。サミットでは2020年7月2日と同3日を通して70のパネルとディスカッションが開かれ、各セッションではこれまで聞いたことのないようなニュースや貴重な情報、限定的な情報が提供されました。2020年のサミットに参加してくださったすべての皆さんには、継続的なご支援と私たちのミッションへの信頼をお寄せいただいていることに感謝を申し上げます。私たちは今、認識の転換期にあります。ブロックチェーンが、少数の人々にとって、そして多数の人々にとってどうすればより良い可能性を実現できるのか、ということです。これは、ブロックチェーンテクノロジーの歴史において重要な分岐点です。

サミットでは、「インターネットの父」の1人であるVinton Gray Cerf、著名な作家で数学者でもあるStephen Wolframなどの知名度の高いスピーカー、IOHKのCEOであるチャールズ・ホスキンソン、IOHKの主任科学者Aggelos Kiayias、Coinbaseの代表者など、多数の皆さんに語っていただきました。
様々な講演や更新情報は、今後数週間のうちに私たちのソーシャルチャネルとYouTubeチャンネルに投稿し、皆さんにご覧いただけるようにします。

どうぞご期待ください!











Cardano財団、新しいCardano Webサイトをリリース
Cardano財団は、新しいCardano Webサイトの立ち上げをお知らせできることを嬉しく思います。
新サイトは2020年7月1日に公開されました。
新しくなったCardano.orgは、Project Renovare(レノヴァーレ企画)の成果の1つであり、今年後半のスマートコントラクト展開に先立ち実施されたCardano財団が主導するブランド再評価の取り組みです。

(上記サイトより一部抜粋・Google翻訳)
ウェブサイトの再設計の主な目的は、カルダノのすべてのものについて、より直感的でユーザー中心でナビゲートしやすいリソースを作成することでした。
最も重要なのは、以前は分散していたカルダノ関連のソースを1つのドメインにまとめたことです。
したがって、カルダノの単一の真実のソースを作成しました。私たちはカルダノについて学び、主要な情報を見つけ、カルダノに精通しているユーザーと新しいユーザーの両方にとって最も必要なリソースを見つけやすくすることを望んでいました。

新しいCardano.org 128 オーディエンスカテゴリ、アプリケーション、ケーススタディごとに編成された情報があり、見逃してはならないすべてのエコシステムメンバーからのニュースやアップデートを紹介しています。

新しいCardanoのWebサイトとブランドアイデンティティ、そしてCardano仮想サミットが立ち上がる中、Shelleyの開始はCardanoの未来に新たな光を投げかけています。
また、これによって、急速に成長するエコシステムに適合するドキュメントフレームワークの必要性も強調されています。

"A source of all Cardano truth."
(Cardanoすべての真実の源となる)








ゲストブログ:Cardanoのブランド再評価のすべて - Project Renovare
昨年12月、Cardano財団は、CardanoとCardano財団に対するブランド戦略とデザインを担当する代理店としてMcCann Dublinを任命しました。
Project Renovareは、Cardano財団が主導するブランド再評価プロジェクトで、Cardanoの採用を促進し、プロトコルの将来性を保証して、ブロックチェーンソリューションの需要が高まる中で価値を提供することを目的としています。

先週、McCann Dublinはその話の様相を共有し、Project Renovare全体でCardanoのブランドを再評価するまでの道のりについて文書にしました。
このゲストブログでは、McCann Dublinが遭遇した課題と、Cardanoのブランドを刷新して世界を改善するための触媒として位置付けるために取られたアプローチについて概説しています。







Cardano財団、マーケティングの取り組み強化のためにMaryam Mahjoubを任命
Cardano財団は、財団のマーケティングとコミュニケーションに関する統合戦略に従い、Maryam Mahjoubを新しいマーケティングマネージャーとして即日付けで任命し、統合されたグローバルPR、コミュニケーション・マーケティング機能を拡大しました。
最新の人材の追加は、財団の世界的な成長計画に対応するもので、Cardanoの管理権の譲渡に先立って2020年にはさらに多くの重要なポジションを埋めていきます。








IOHKブログ:「IOHKの研究で成長を反復する」と「Ouroboros分散化への道のり」
Cardanoの成長と継続的な分散化の鍵は、将来の柔軟性を確保しつつ、確かなパラメータ値を設定することです。
コミュニティと相談し、私の同僚であるKevin HammondとAlex Appledoornと共に緊密に連携した後、私たちは出発点として最適な場所を特定できたと信じています。

(上記サイト一部抜粋)
Cardano Shelleyの全パラメーターに適切な値を選ぶことは困難かつ複雑な試みである。
一方でシステムのセキュリティ、効率、安定性を考慮しながら、他方でステークプールオペレーターや委任者たちの経済的成長性、さらにエコシステムの長期的なサステナビリティといったさまざまな懸案事項のバランスを取らなければならない。

私たちが今行っていることを今までになしたブロックチェーンは他にない。
私たちは、一歩一歩新たな領域を切り開き、科学とテクノロジーの最先端を動いている。したがって、既存のデータや統計、過去の経験に頼ることはできず、鍛錬された推測と数理モデルを使用するしかない。
これはたいていの場合、完ぺきではあり得ない。

合理的な提案となるよう努力はしたが、時間の経過とともに改良すべきものであることはわきまえている。
ここで提案される値はあくまでスタートポイントであり、今後数か月、数年をかけて、コミュニティと密接に連携して調整、改良を進めていきたい。
分散型元帳の設計と展開は、技術的に困難な作業です。
元帳に期待されることは、すべての参加者に一貫したビューを約束することと、彼らの行動が生み出すイベントの連続的なフローに対して応答性を保証することです。
これら2つのプロパティは、永続性と活性と呼ばれる場合もあり、分散元帳システムの特徴です。







EMURGOブログ:オンライン旅行代理店Travala.comと提携して、Cardanoのada採用を促進する
EMURGOは、最近、オンライン旅行代理店(OTA)/Travala.comとの提携を発表しました。
OTAはブロックチェーンベースの旅行予約プラットフォームとして世界をリードする存在で、世界中のお客様から信頼されています。
この提携により、旅行者はCardanoのネイティブ暗号通貨adaを使用して、Travala.comのオンラインプラットフォームで世界中のホテルや旅行施設を簡単に予約することができます。
EMURGOの公式トラベルパートナーとして、Cardano・adaのユーザーは、7月31日までにadaで行われたすべてのホテル予約に対して10%のキャッシュバックを受け取ります。






EMURGOブログ:EMURGO、Trace Allianceに参加して企業向けにカスタマイズされたサプライチェーンソリューションを提供
EMURGOはTrace Allianceへの加入を正式に発表しました。
このアライアンスは技術ソリューションのプロバイダーや企業、新興企業、学界とサプライチェーンの専門家とを接続する共同組合で、ブロックチェーンソリューションの開発とサプライチェーンの垂直部門との統合を促進します





Cardanoコミュニティー・ミートアップ 
次に予定されているCardanoミトアップのお申込みはここ:    

現在では、新型コロナウィルスに伴って、オフライミートアップは世界中にほぼ行われていないません。
ご理解くださいます様、よろしくお願い致します。

そのため、オンラインでもミートアップが開催できる様に、次のフォーラム投稿でコミュニティからいただいたフィードバックを利用しながら、アイディアやおすすめのアプリをこちらで記事にまとめました。
オンラインミートアップは最近上手く行われていて、是非、ご検討の上、そしてご参考までにしてみて下さい。

-------

2020年7月29日 Cardano Staking Delegation – All You Need To Know Online, USA by Matthew Consolo and Hassan Michael                                                                                    

 全てのCardanoミートアップグループをここから確認

OR

ミートアップグループを設立したい、興味のある方々はここからをご確認ください



今月末、いよいよShelleyがローンチしますね。
楽しみではありますが、報酬のテストを約半年以上続けてきて、その報酬が適切に反映されるかの最終チェックとなるそうです。

詳しい説明は、アンバサダーのYUTAさんの動画をご確認ください。




Daedalus wallet for the Cardano Shelley testnetのダウンロードは次のリンクからも可能です。
Windows版は8.1か10以外対応していません。またWindows用は分かりにくい所にダウンロード用アイコンがあり紛らわしいので、慎重に対応OSのご確認をお願いします。



※上記サイトは公式ですが、大切な資産であるエイダコインの情報を取り扱います。
可能であれば、公式サイトから各自ダウンロードを行ってください。



Cardanoコミュニティー・ニュースレターへようこそ!
このニュースレターは、Cardanoコミュニティチームによって2週間ごとに公開され、皆さんにプロジェクトについてのニュースやアップデート、イベントをお知らせします!
Cardanoニュースレターの購読を中止したい場合は、この電子メールの下部の「リストから退会する」をクリックしてください。






「Cardanoバーチャルサミット2020:Shelleyエディション」(2020年7月2日〜3日開催)に登録しましょう!
Shelleyがまもなくロールアウトされます!
これは、ブロックチェーンテクノロジーの歴史における重要な時期であるだけでなく、テクノロジーをどのように活用して、すべての人にとって、あらゆる場所で良いものにできるかという点で転回点でもあります。

2020年7月2日〜3日に参加して、Shelleyやネットワークの詳細について、主要な業界リーダーやソートリーダーと学び、ブロックチェーンテクノロジーを使用した私たちの生き方の改革の次の段階について話し合いましょう。

主な講演者には、「インターネットの父」の1人であるVinton Gray Cerf、著名な作家で数学者でもあるStephen Wolfram、IOHKのCEOチャールズ・ホスキンソン、などが含まれます。

Vint CerfVint Cerfのビデオメッセージはこちら




この初開催のバーチャルサミットでは、以下の講義、基調講演、ワークショップに参加できます。

 ブロックチェーンの科学 - IOHK主任科学者Aggelos Kiayiasによる講演を開催
 ブロックチェーンとビジネス - 主要なブロックチェーンのユースケースとエンタープライズソリューションをハイライト
 Cardanoコミュニティの構築 - Cardanoアンバサダーたちによる対論を開催
 ブロックチェーンのガバナンスと規制 - Cardanoのガバナンスモデルを議論
 いくつかのサプライズも…


イベントは無料で参加できます。

今日登録して、Cardanoの歴史の中のこの画期的な出来事の一部となって、すべての人にとって、あらゆる場所で良いものにするために私たちはテクノロジーを使用する必要があるのだという変化を促していきましょう。

参加希望





Cardano財団、将来を見据えたブロックチェーン業界向け立法を構想
 6月11日、Cardano財団は、サードパーティの統合機能を拡張し取引所との関係を強化するという目標に沿って、Mel McCannをプラットフォーム統合エンジニア(Platform Integrations Engineer)に、John MacPhersonを交換所関係マネージャー(Exchange Relationship Manager)に同日付けで指名しました。
これらの最新の追加により、今年後半に発表されるShelleyメインネットに先立ち、財団の技術提供が大幅に拡張されます。

もっと読む」(英文)







アンバサダープログラムで次のCardanoアンバサダーになろう!
Cardanoアンバサダープログラムは、私たちのコアバリューを体現してくださることへの私たちからのお礼の印であり、言葉を伝え、Cardanoの成長に貢献してくださることへの私たちの感謝でもあります。
Cardano財団は、2020年4月にその主力プログラムのフェーズ2を開始しており、私たちは毎月さらに覆うのアンバサダーのノミネートを受け取っています!
コミュニティプロジェクトマネージャーのTiago Serôdioをご覧になって、プログラムについて話し、あなたご自身をノミネートしてみてはいかがでしょう!*
 






(*注意:アンバサダーになるための要件の1つは、コミュニティへの貢献の履歴です!
ノミネートされたものの、コンテンツの翻訳やミートアップのホストなど、アンバサダーとなることに関与した貢献の種類の履歴がない場合には、申請は拒否されます。
がっかりしないでください!
しばらくしてからもう一度お申し込みください。)









Cardano財団、需要の高まりを受けステークプール ダッシュボードと監視ツールに5つの助成金を3か月間授与 
提出されたステークプール ダッシュボードと監視プールについての各提案が非常な力量を示していたため、Cardano財団は、3つの助成金を半年間ではなく、5つの助成金に3カ月間の授与とすることに決定しました。
各助成金の受領者は、3か月間、毎月最大1000米ドル受け取ります。
提案に対するリクエストは2020年5月10日に確定し、審査委員会はすべての提出物を徹底的に審査しました。助成金の受領者5件は以下の通りです:

 Adapools  

 Adastat 

 JorManager 

 Pegasus App

 Pooltool


ココでチェック」(英文)

(上記サイトのGoogle翻訳)
エイダプール
助成金は、製品により多くの時間を費やし、ツールのより洗練された複雑なバージョンを提供するために使用されます。

エイダスタット
バックエンドをHaskellノードに転送し、Shelley Mainnetのサポートを追加することに加えて、サービス開発に加えて、いくつかの新機能を追加します。

JorManager
ステークプールを監視し、リアルタイムでエラーに応答し、統計をサードパーティのパフォーマンス集計ツールに報告します。

ペガサスアプリ
コミュニティがペガサスサービスを無料で利用できるようにし、参加者がステーキングの旅を通じて最良の意思決定を行うために必要な情報を提供するため。

Pooltool
メインネットへのスムーズな移行をサポートするため。複数のエキサイティングな機能が、現在のPoolTool実装で見られる以上に計画されています。








IOHKブログ:Adrestiaとの統合と進化
最近、IOHKがブログを更新、「Adrestia」に特に焦点をあてたエントリーを追加しました。「Adrestia」は取引所と開発パートナー向けのツールで、Cardano ブロックチェーンをCardano プラットフォームに統合します。
テクノロジーはしばしば急速に変化するため、変化のペースに追いつくことが現実的でないことがあります。
Cardanoの開発とリリースプロセスは現在前進しています。
異なる速度で動き並行して進むソフトウェア開発のワークストリームを管理することは、トラックが時速60マイルで走行しながらトラックのタイヤを交換するような感じです。







IOHKのTim HarrisonのShelleyロールアウトブログ:毎週更新-2020年6月12日からの週末 
Shelleyテストネットの進捗状況は、2週間ほど良好に進んでいます。
この間、私たちはネットワークへの参加を希望していたステークプールオペレーターに「Friends and Family」テストネットをオープンしていますので、これはとりわけ特別です。
多くのコミュニティ活動、ディスカッション、コラボレーションで非常に前向きな反応がありました。

この記事の執筆時点(6月12日)で、ネットワークにはテストネットで約200の登録済みアクティブステークプールが設定され、実行されていることを報告できてとても嬉しく思います。
この数値は「Friends and Family」のテストネットをCardanoのステークプール運用者のコミュニティ全体に開放してからわずか4日で達成されました。

もちろん、パイオニアの中には複数のプールを運用している人もいます。
しかし、この数を見ると、これは既に、Cardanoコミュニティの能力とコミットメント、そして、今年の初めのITNの構築を通じて私たち全員が得た経験を証明しています。








チャールズ・ホスキンソンの最近のCardano最新情報、インタビュー、AMA
ほぼ先週になりますが、チャールズ・ホスキンソンは時間を割いて、Cardanoの様々な最新情報、インタビュー、そしてAMAを収録しました。
本当に貴重な最新情報も含まれていますし、ちょっとしたオマケ、「バックポケットもの」なども含まれていますので、どうぞチェックしてください!
お楽しみください!






必見です!
Messari CryptoのCEOであるRyan Selkisとのチャールズの最新の「Unqualified Opinions」インタビューをチェックしてください。(ネタバレ:素晴らしいです!)









EMURGOブログ:Ergoとの提携とブロックチェーンに基づく分散型金融ソリューションの構築
シンガポール/2020年6月9日/ EMURGO Ptd. Ltd. - 本日、Ergoとの戦略的パートナーシップを発表。
プルーフ・オブ・ワーク ブロックチェーン プロトコルは、UTXOベースのスマート契約で金融契約のためのシンプルなソリューションを提供することに主眼を置いたアプリケーション向けのプラットフォームとして構築されています。
以前のIOHKエンジニアによって設計、主導されたもので、Ergoはネットワーク、長期ブロックチェーン ネットワークの持続性、分散化オプションを使用して、ステークホルダーにカスタマイズされたプライバシーを提供することに重点を置いています。

最新情報を読む」(英文)







EMURGOブログ:Coffee BeanプロセッサはEMURGOのブロックチェーンに基づくトレーサビリティ ソリューションをどう利用するのか
EMURGOは今年の初めに、EMURGOトレーサビリティ ソリューションの立ち上げを発表しました。



このオーダーメードのソリューションは、市場で製品の様々な側面を確実に検証したい企業のニーズを満たすよう設計されています。
EMURGOトレーサビリティ ソリューションは、ブロックチェーンテクノロジーを使用することにより、プレミアム品質検証の付加価値を提供し、他のプロセスの中でも、品質保証、プレミアム原材料調達、認証ラベルデータなどのサプライチェーンのベストプラクティスについて透明性に光を投じます。







Cardanoコミュニティー・ミートアップ 
次に予定されているCardanoミトアップのお申込みはここ:   

現在では、新型コロナウィルスに伴って、オフライミートアップは世界中にほぼ行われていないません。
ご理解くださいます様、よろしくお願い致します。

そのため、オンラインでもミートアップが開催できる様に、次のフォーラム投稿でコミュニティからいただいたフィードバックを利用しながら、アイディアやおすすめのアプリをこちらで記事にまとめました。
オンラインミートアップは最近上手く行われていて、是非、ご検討の上、そしてご参考までにしてみて下さい。


全てのCardanoミートアップグループをここから確認

OR

ミートアップグループを設立したい、興味のある方々はここからをご確認ください

View this email in your browser



2020年7月2~3日は、Cardano財団、EMURGO、IOHKとともにCardanoバーチャルサミット:Shelleyエディションにぜひご参加ください。
Shelleyのロールアウトを記念して、テクノロジー分野の最高峰が集い、私たちが社会として進歩するためにブロックチェーンが果たしうる役割について話し合います。


2日間にわたるこのサミットでの主要講演やセッションには、Cardano財団やEMURGO、IOHKに加え、以下の顔触れが揃います。

 「インターネットの父」にして現在Googleで副社長兼チーフ・インターネット・エバンジェリストを務めるヴィントン・サーフ
 Wolfram リサーチのCEOを務める著名な数学者、スティーブン・ウルフラム
ワイオミング州知事、ワイオミング州下院議員のマーク・ゴードン
 ジョージアのマムカ・バフタゼ首相


その他にも政界、産業界の著名人、さらに数学者やトップレベルの科学者が参加。 
 
Covid-19とブロックチェーンのインパクト、エンタープライズソリューション、そしてCardanoコミュニティにフォーカスしたセッションもカバーする内容となっています。 

プログラムの詳細と登録はこちらから。



カルダノシェリー200623B





各イベントは録画、共有されるため、ライブセッションに参加できなくても、あとから録画を視聴できます。
今すぐ登録する


View this email in your browser

Cardano Shelley期はまもなくロールアウトされます。
これはブロックチェーン技術史上の重大事であるだけでなく、あらゆる地域、あらゆる人々の生活向上のためのテクノロジー活用方法に変化をもたらします。


7月2日、3日、Shelleyや主要産業とのネットワーク、思想的指導者たちについての知識を深めるため、そしてブロックチェーン技術を活用して私たちの生活を改革するための次のステージについて話し合うため、サミットにぜひご参加ください。 

主要講演者には、「インターネットの父」と称されるヴィントン・サーフ、数学者そして著作家としても著名なスティーブン・ウルフラム、そしてIOHKのチャールズ・ホスキンソンが含まれます。 

 

サミットでは、以下をはじめとする講義や基調演説、ワークショップに参加できます。

 Aggelos Kiayias(IOHKチーフサイエンティスト):The Science of Blockchain(ブロックチェーンの科学)

 Blockchain and Business(ブロックチェーンとビジネス):主要なブロックチェーンユースケースとエンタープライズソリューションを中心に

 Building the Cardano Community(Cardanoコミュニティの構築):Cardanoアンバサダーによるトーク

 Governance and Regulation for Blockchain(ブロックチェーンのガバナンスと規制):Cardanoガバナンスモデルを議論

 その他多数




本イベントへの参加は無料です。

 

今すぐ登録してこの重要なマイルストンに参加し、あらゆる地域、あらゆる人々の生活向上のための技術活用に必要な変化の促進にご協力ください。 

カルダノシェリー200623B


facebookのアンバサダーさんの書き込みを転載しています。


ITN報酬はこれにて一旦停止しますが、今後投票により7月末まで再開される可能性があります、
なお、ITN報酬は最後のエポックはそもそも1/3日分ぐらいの報酬からの分配なので(私以外のプール含め)全てのプールで、だいたい1/3になってます
オペレータさんにクレームなど入れないであげてください!


(追記)


※お問い合わせ多いため再度整理しました。

ステーキングのテストネットの報酬発生について、"当初の予定通り"、明日のテストADA付与にて一旦終わりますが、投票により(投票の方法や内容は後日アナウンス)7月末頃まで延長継続される可能性があります。
報酬のリアルADAを受け取るには、当初の予定通り8/3に、メインネットで報酬を復元できるようになるのでそこで復元し受け取れます。
つまり、テストネットの報酬が欲しい方は、現状、テストネットを引き続きサポートすることを表明しているプールに委託されていれば、特に何もすることはありません。

詳しい情報は以下フォーラム記事を参考にしてください。
(上記ブログ一部抜粋。正確な情報はブログをご確認ください)
ITNを「現実の世界」の環境にできる限り近づけるために、ネットワーク上でテストadaを委任しているユーザーに実際の ada報酬を提供しました。
そして、今年の夏にメインネットでシェリーに近づくと、これらの報酬が正しくクレジットされます。

あなたは今何もする必要はありません。

しばらくお待ちください。
adaホルダーとして、あなたは今何もする必要はありません。
メインネットでシェリーに到着すると、何が起こってもメインネットウォレットで獲得したadaの特典を取得できます。
何も変わりません。
ITNを通じてこれらの特典を追跡しており、やがて特典の残高をメインネットのShelleyウォレットに転送できるようになります。
実際、7月になるとさらに報酬がもらえるかもしれません。

決定事項を迅速に把握し、新しい報酬期間を設定して参加できるようにします。


7月2日(木) 22:30~7月4日(土) 5:30
公開・主催者: Toshiaki Miyatake、カルダノ日本コミュニティ CARDANO JAPAN COMMUNITY
オンラインイベント
http://meetu.ps/e/J6gNd/DbdHN/a

Cardano ADA バーチャルサミット-Shelleyローンチイベントをオンラインで勝手に宅飲み!?
ミートアップ
かっこよく言うとオンラインパブリックビューイングって所です。

参加の仕方はzoomのウェビナーを考えていますが、人数に合わせて臨機応変に考えて事前にお知らせします。

参加の前にもう一度このページをチェックしてください。

参加費用:投げ銭(ADAかテストADA)
時間帯:日本時間7/2日22:30-7/3 5:30,7/3日22:30-7/4 5:30
場所:あなたの好きな場所からネットで参加(スマホかパソコンで参加できます)
内容:バーチャルサミットを見ながら飲んだり食べたり自由に話したりして盛り上がる宅飲みのような形。サミットで講演中は宮武とYutaのみマイクオンで、休憩中は話したい人がマイクオンして話せるとワイワイ盛り上がるかと思います。

見る対象:7/2と7/3
2日に渡ってバーチャルサミットが開催されます。
その内容のごく一部を紹介しますと...

✔︎5年の研究開発の集大成のShelleyローンチを祝います
✔︎Google副社長や経営者、数学者等の大物特別ゲストも出演
✔︎Shelley の次に出てくるGoguenでの複数通貨対応に関するプレゼン
✔︎Goguenの次に出てくるVoltaireのガバナンスに関するプレゼン
✔︎ハイパーレジャーとの連携についてのプレゼン
✔︎ワイオミングとの連携についてのプレゼン
✔︎サプライズも用意

目が離せません!

参加費用:無料
時間帯:日本時間7/2日22:30-7/3 5:30,7/3日22:30-7/4 5:30
特別ゲスト:Vint Cerf,Stephen Wolfram
内容:講義、基調講演、ワークショップ(ハイパーレジャー/ワイオミング/新スマコン言語/ガバナンス/スナーク/トークン発行等のパネル)

特別ゲスト紹介

1)Stephen Wolfram
Wolfram | Alpha、Wolfram Language and Mathematicaの作成者であり、A New Kind of Scienceの著者でもあるWolfram Researchの創設者兼最高経営責任者です。
キャリアの中で、科学、技術、ビジネスにおける多くの発見、発明、革新の責任者を務めてきました。

2)Vinton G. Cerf、Google副社長兼最高インターネットエバンジェリスト
Googleでは、Vint Cerfはグローバルなポリシー開発とインターネットの継続的な普及に貢献しています。
「インターネットの父」の1人として広く知られているCerfは、TCP / IPプロトコルとインターネットのアーキテクチャの共同設計者です。
彼は、インターネットソサエティ、割り当てられた名前と番号のためのインターネットコーポレーション、インターネット番号のアメリカレジストリ、MCI、国立研究イニシアチブおよび国防高等研究計画局、ならびにスタンフォード大学の学部の幹部職を歴任しました。
※バーチャルサミット自体は各自こちらから無料エントリーしておいてください。


7月2・3日に、Cardanoバーチャルサミットにて、ShelleyエディションをCharles Hoskinson、Vint Cerf(インターネットの父)、Stephen Wolfram(Wolframリサーチ)、および他の各業界の専門家、政治家、思想的指導者と共にShelleyの旅を祝いましょう。
事前登録はココから:https://bit.ly/Cardano2020


CardanoFoundationのLINEアカウントより、通知が来ていましたので、転載いたします。





12165884314713


7月2・3日に、Cardanoバーチャルサミットにて、Shelleyエディションを
Charles Hoskinson、Vint Cerf(インターネットの父)、
Stephen Wolfram(Wolframリサーチ)、
および他の各業界の専門家、政治家、思想的指導者と共にShelleyの旅を祝いましょう。  

事前登録はココから:https://bit.ly/Cardano2020 (英語サイト)
(上記サイトの「Register for free」ボタンから参加登録が出来るようです)


時間帯:日本時間
7月2日22:30~7月3日 5:30
7月3日22:30~7月4日 5:30

特別ゲスト:Vint Cerf,Stephen Wolfram
講義、基調講演、ワークショップ


【詳細】

カルダノの新しい時代が到来しました。
これは、ブロックチェーンテクノロジーの歴史における重要なマイルストーンになるだけでなく、テクノロジーをどのように使用して、誰もがどこでも利益を得ることができるようになるでしょう。
カルダノのシェリー時代の始まりとともに、私たちは世界で最も先進的なブロックチェーンプラットフォームに完全な分散化をもたらし始めています。

カルダノコミュニティ全体にとって、お祝い、反省、そして楽しみの時間です。

この歴史的な瞬間を記念して、Vint CerfやStephen Wolframのようなテクノロジーの最大の名前のいくつかと2日間のバーチャルサミットを開催します。

サミット中は、講義、基調講演、ワークショップに参加できます。

  • Science of Blockchain、IOHKの主任研究者、Aggelos Kiayiasによる講演
  • ブロックチェーンとビジネス、ハイライトソリューション
  • カルダノコミュニティの構築
  • カルダノガバナンスモデルを議論するブロックチェーンのガバナンスと規制
  • はるかに...

主要な業界やソートリーダーとネットワークを築くことができます。
コミュニティと協力して、ブロックチェーンテクノロジーを使用して私たちの暮らし方を再発明する次の段階について話し合いましょう。

今日登録する。



Cardanoコミュニティー・ニュースレターへようこそ!
このニュースレターは、Cardanoコミュニティチームによって2週間ごとに公開され、皆さんにプロジェクトについてのニュースやアップデート、イベントをお知らせします!
Cardanoニュースレターの購読を中止したい場合は、この電子メールの下部の「リストから退会する」をクリックしてください。



Cardano財団、将来を見据えたブロックチェーン業界向け立法を構想
この論考は、2020年6月2日に英紙CityAMに掲載されたもので、Cardano財団会長Nathan KaiserとゼネラルセクレタリーHinrich Pfeiferが執筆しました。

立法は、新興市場であれ先進国であれ、ブロックチェーンのユースケースを通じて採用するための1つの鍵です。
技術主導の成長を形成するためには、堅牢な規制環境と、技術の進歩を促進するイノベーションに好意的な政治状況が不可欠です。

1991年にブロックチェーンの概念が導入されて以来私たちのテクノロジーに対する認識は変化しており、ブロックチェーンが使用可能な未来の時代に向かうにつれ、私たちの集合的な理解も変化し続けています。
これを本格的に実現するには、絶え間なく変化し破壊さえもたらし得る成長をサポートする法律が必要です。
 

記事を読む」(英文)






IOHKがShelleyパブリックテストネットを公開しました
先日6月9日、Cardanoは新たな段階に入りました。
この夏のステーキングと委任機能のメインネット導入に向けて、Shelleyパブリックテストネットが#Cardanoステークプールのセットアップを希望するすべてのオペレーターに公開されます。

参加を希望するステークプールオペレーターは、Shelleyテストネットを始めるために必要な情報とリンクが掲載されている以下の投稿記事を参照してください。


※一般のADAホルダーは特に作業はありません※




IOHKのTimの Shelley Haskell ロールアウト -5月29日の週次最新情報
5月の最終週はいくつかの発表が行われた重要な週となりました。
月次のCardanoライブショーではShelleyロールアウト計画が発表されました。
まだご覧になっていない方で、「When Shelley?!」を知りたい方は、以下でリプレイをキャッチできます。

他方、私たちはここ数日テストネットで忙しくしていました。状況は順調です。

続きを読む」(英文)
IOHKのChristopher Greenwood:Shelleyテストネット開発最新情報 -第4週
IOHKの月2回の「#ShelleyTestnets」ロールアウト最新情報、Christopherによる次回作です。
4週目に入り、進捗は順調です。
これまで同様に、すべてを実現するために協力してくれたパイオニアに感謝しています!









IOHKブログ:Cardanoコンセンサス層の抽象的な性質
IOHKのエンジニアによる技術関連の投稿の新シリーズは、候補となった選択肢を検討しています。

私たちはCardanoメインネットのShelleyに向かって動いており、是非とも皆さんに最新情報をお届けしたいと思っています。
また、舞台裏で行われている疲れ知らずの作業や、担当エンジニアのチームにも注目したいと思います。
時折お届けする技術ブログ「Developer Deep Dive」シリーズでは、IOHKのエンジニアにフロアを開放しています。
今後数ヶ月間、Haskell 開発者の皆さんが、Cardanoプラットフォームとプロトコルのコア要素を率直に垣間見せてくれ、また、これまでになされた選択肢についての洞察も共有してくれる予定です。
ここでは、シリーズの最初に、コンセンサス層での抽象化の使用について考えています。






Charles Hoskinsonの最近のAMA
2020年5月29日、チャールズ・ホスキンソンはAMAを収録。
IOHKがCardanoで行っている最近の作業について話し、また、最近のイベントについても少し触れました。






EMURGOウェビナーのまとめ:ブロックチェーンはどうサプライチェーンとトレーサビリティソリューションを改善するか
EMURGOEMURGOは先週2回目のウェビナーの開催に成功、世界中の人々が参加し、ブロックチェーンがどのようにサプライチェーンの垂直構造をより効率的にビジネス化できるかについて学びました。
最近発売されたEMURGOトレーサビリティソリューションについては、実際のユースケースについての詳しい議論などより多くの会話がなされました。

EMURGOの2回目のオンラインウェビナーでは、EMURGOインドネシアのCEOであるShunsuke MurasakiとブロックチェーンソリューションのユニットマネージャーであるPurushotham Maralappaが参加しており、ブロックチェーンテクノロジーの基礎、ブロックチェーンがどのようにサプライチェーンに価値を追加するのか、ライブサプライチェーン モデルへのブロックチェーン統合の実際のユースケース、そして、インドネシアのコーヒーブランドBlue Korintji CoffeeとEMURGOトレーサビリティソリューションの統合についての本格的な討論に取り組んでいます。






EMURGOの発表:Yoroi MobileはLedger Nano X Bluetoothサポートを提供します!
EMURGOは、Yoroi Mobileアプリケーションと互換性のあるLedger Nano X bluetoothをリリースできて喜んでおります! Yoroiは、元帳デバイスと直接統合する最初のCardanoモバイルウォレットです!

以下のダウンロードリンクをチェックしてください

iOS向け





新しいCardanoアンバサダー物語がご覧になれます!
「アンバサダー物語」シリーズの新しいエピソードへようこそ!
新しいアンバサダーが私たちの仲間に加わり物語を出してくれ次第、物語を皆さんと共有します。
過去数ヶ月間に私たちは新しいアンバサダーを何人も迎え入れることができましたので、皆さんにお見せできる物語がたくさんあります。

「アンバサダーの物語」では、この素晴らしくも驚くべきコミュニティに参加することになった動機は何ですか、といったお話など、Cardanoコミュニティ アンバサダーたちの多種多様でユニークなお話を楽しむことできます。

Cardanoコミュニティ管理チームは、引き続き尽力してくださっているあらゆる努力と、お話の共有に参加してくださることについて、各アンバサダーに感謝を申し上げます。

これらについては、すべて以下でお読みください!

第22話: Fabian & Piero」(英文)





Cardanoコミュニティー・ミートアップ 
次に予定されているCardanoミトアップのお申込みはここ: 

現在では、新型コロナウィルスに伴って、オフライミートアップは世界中に中止の上、開催の予定されていません。ご理解くださいます様、よろしくお願い致します。

そのため、オンラインでもミートアップが開催できる様に、次のフォーラム投稿でコミュニティからいただいたフィードバックを利用しながら、アイディアやおすすめのアプリをこちらで記事にまとめました。
オンラインミートアップは最近上手く行われていて、是非、ご検討の上、そしてご参考までにしてみて下さい。





全てのCardanoミートアップグループをここから確認

OR

ミートアップグループを設立したい、興味のある方々はここからをご確認ください


このページのトップヘ